専業主婦でも借りれるカードローン|お急ぎの方も即日融資がでるキャッシングもあります

専業主婦だと借りれるカードローン限られる

専業主婦でも借りれるカードローンはあります。が、専業主婦の場合は、パートなどで働いている主婦とは異なり、借りれるカードローンには制限がかかります。パート主婦のように自分自身に収入がある方なら、原則としてカードローン利用は選びません。どのカードローンも申込めます。たとえば、消費者金融でも銀行でも信販会社でも、どのカードローンにも申込むのは可能です。

 

専業主婦の場合は収入がないので、無収入といった借入条件によって利用が限られてしまいます。具体的に言うと、年収の3分の1までが融資限度額になる総量規制の対象となるカードローンだと専業主婦でも利用できません。その理由は、総量規制対象のカードローンでは無収入の方への融資ができないからです。

 

しかし、総量規制対象のカードローンとなる消費者金融カードローンでも専業主婦でも借りれるカードローンにすることは可能です。それは「配偶者貸付」を利用すれば総量規制対象のカードローンでも専業主婦が利用できるようになります。ただし、配偶者貸付を利用するためには手続きがやや面倒になります。

 

配偶者貸付を利用して総量規制対象カードローンを専業主婦の方が利用するためには、配偶者の同意書、婚姻事実を証明できる住民票か戸籍抄本、配偶者の収入証明書の書類をきちんとそろえて提出して、それら書類の内容に不備がなければ利用が可能となります。が、配偶者貸付の利用は、プロミスやアコム、アイフルやモビットのような知名度の高い大手消費者金融では認めていません。大手以外の中小消費者金融なら、配偶者貸付の利用を認めてくれるところはあります。そのことから配偶者貸付が利用できる総量規制対象のカードローンなら専業主婦でも借りれるカードローンとなります。

 

専業主婦が借りるなら「銀行カードローン」が無難です

 

専業主婦でも借りれるカードローンは、原則として総量規制の対象外となる銀行カードローンとなります。総量規制対象外の銀行カードローンなら、配偶者の収入を担保にして融資を受けるかたちは配偶者貸付を利用して総量規制対象の消費者金融カードローンから融資を受けるのと同じですが、配偶者の同意書も婚姻事実を証明できる公的書類も不要なので面倒な書類提出が要らない分だけ利用し易いカードローンとなります。

 

また、銀行カードローンなら小額融資であれば配偶者の収入証明書も不要でお金を借りれるところが多いのです。そのような銀行カードローンで配偶者の収入証明書なしで借りれる融資限度額は30〜50万円となります。具体的に専業主婦でも借りれるカードローンをオススメすれば、三菱東京UFJ銀行カードローンがあります。三菱東京UFJ銀行カードローンは専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、収入証明書不要で配偶者の職場への確認連絡もなしで融資を受けられ、しかも即日融資も可能となります。

専業主婦だとなぜ借りれないカードローンあるのか

 

専業主婦だと無職で無収入の方がほとんどだと思います。そのような無職無収入だと借りれないカードローンがあります。カードローン会社の利用条件をみると、必ず「本人に安定した収入ある事」となっています。そうなると本人に収入の無い専業主婦だとカードローンの利用は不可能となってしまいます。

 

なぜ安定した収入が無いとカードローンが利用できないのでしょうか?それは「キャッシングで借りたお金は必ず返済しなければならない」からです。借りたお金を返済するのは当たり前の事です。それゆえ、カードローン会社では、「返済できる人」「返済してくれそうな人」に融資をします。返済できないような人には絶対にお金を融資しません。そして、専業主婦はどうなるかと言うと、専業主婦は「返済できない人」とみなされてカードローンでお金を借りれないのです。

 

返済できるか否かは、「アルバイトやパートでもよいので定期的に働いて収入を確保しているのか」といったことになります。そのことから定職や正社員でなくてもパートで働いている主婦ならカードローンが」利用できるのです。でも専業主婦はアルバイトもパートもしていないので専業主婦が借りれないカードローンがあるのです。

 

実際に専業主婦が借りれないカードローンはなに

 

具体的に専業主婦が借りれないカードローンとは「総量規制対象のカードローン」です。総量規制とは、年収の3分の1までが融資上限額として決まる法律です。そして、総量規制では無収入の人へ融資できません。理由は、総量規制の対象になる消費者金融カードローンでは、融資できる限度額は申込者の年収によって決まります。専業主婦だと無収入なので年収はゼロです。年収がゼロだと必然的に融資できる限度額もゼロ円となって、結果として専業主婦が借りれないカードローンになってしまうのです。

 

しかし、専業主婦が借りれないカードローンを「専業主婦でも借りれるカードローン」にしてしまうことは可能です。収入のない専業主婦がカードローンでお金を借りるためには、借りたお金を返済できる当てがあればよいのです。そうなると専業主婦には安定した収入を得ている夫がいます。そして、夫の収入を担保にしてお金を借りるのが可能なら、それは専業主婦でも利用できるカードローンです。

 

夫の収入を担保にして専業主婦でもカードローンでお金を借りれるようにする制度が「配偶者貸付」です。配偶者貸付では夫の収入を担保にして専業主婦が借りれないカードローンを借りれるようにできます。ただし、配偶者貸付の利用には、配偶者の同意書、結婚している事実を証明できる住民票か戸籍抄本、配偶者の収入証明書の提出が必須となり、その上でカードローン会社が配偶者貸付の利用を認めくれることが条件になります。